五線譜1

春日八郎のご紹介


日本歌謡界に不滅の金字塔

春日八郎−偉大な演歌歌手そして郷土の誇り




本名は渡部 実会津坂下町の名誉町民のお一人

大正13年10月9日、会津坂下町塔寺に生まれました。

幼少より歌が上手で、歌手を目指して上京、
昭和19年に東洋音楽学校を卒業しました。

昭和22年、新宿ムーラン・ルージュに入団し、
歌手活動を本格的に開始いたしました。

昭和23年、キング歌謡コンクール合格、
その後、細州潤一・江口夜詩に師事し、
歌の研鑚に励まれました。

昭和24年、キングに入社。

昭和27年、歌手「春日八郎」の人生を決定付けた
『赤いランプの終列車』が大ヒット。

以後、40数年、終生変わらぬ声量、声質、フィーリングで
『お富さん』『別れの一本杉』など、次々にヒット曲を飛ばし続け、
日本歌謡界に一大金字塔を築かれました。

曲は1600曲を越え、日本全国の多くの春日ファンを魅了し続けられました。

昭和48年には、素晴らしい歌手活動に対し、
特に芸術祭参加作品『春日八郎リサイタル・演歌とは何だろう』にて、
『芸術祭参加大衆芸能部門大賞』を受賞
されました。

他にも、日本レコード大賞特別賞、演歌大賞特別功労賞などを受賞され、
日本歌謡界、なかでも演歌の発展に貢献されました。

更には平成元年に紫綬褒章を受賞されました。

 郷土への思いも深く、少年期に通った八幡小学校に
グランドピアノ等を寄贈されました。

また、町立第2中学校の校歌・応援歌を作曲され、
多くの中学生がその曲を胸に
巣立って行きました。

更には、会津坂下町民歌及び会津坂下音頭を作曲され、
自ら歌いレコーディングされました。

広く、町民一人一人に愛唱されております。

平成3年10月22日に永眠され、長い歌手生活に別れを告げられました。

享年67歳でした。

真に『歌こそ我が生命』。

終生歌を愛し、現役を貫き通された偉大な演歌歌手であり、
それは、郷土の誇りでもあります。



『歌こそ
我が生命』

芸術祭大賞
の盾














春日八郎先生の
出発の地、会津
坂下町駅前広場
に立てられた、
春日八郎先生の
銅像です。
(写真をクリック!)

トップ
春日八郎記念公園・おもいで館
〒969-6585福島県河沼郡会津坂下町大字船杉554番地
TEL 0242(82)4254 FAX 0242(82)4601

五線譜1